TOP
     テクニカルアドバイザー     Technical  Adviser  


     ヴォイストレーナー ・ ソプラノ    中島恵美    Emi Nakajima

   大阪芸術大学演奏学科卒業。 第7回飯塚新人音楽コンクール入賞。 櫻井直樹氏に師事。

   『こうもり』、『メリーウィドウ』、『カルメン』、『魔笛』、『フィガロの結婚』等のオペラに出演。

   また関西の各オーケストラとの共演の他、ミュージカルや「懐かしの歌謡曲」など、ジャンルを

   超えてコンサートに取り入れて活動している。

   交野市の子供ミュージカル
 女声コーラスの他、兵庫県ピッコロ劇団の歌唱指導を行なう。

   
   宝塚音楽学校講師。 NHK文化センター西宮女声コーラス講座講師を宮崎氏と共に務める。


   二期会会員。


    


    


  


  ヴォイストレーナー ・ テノール    三木 秀信    Hidenobu Miki

   作陽音楽大学声楽科卒業。 在学中、平井康三郎氏の公開レッスンを受講し、

   高い評価を得る。  
菅谷省三、西内玲など各氏に師事。

   卒業後、オペラではビゼーの「カルメン」のホセ役、ミュージカルでは「オペラ座の怪人」の

   ファントム役
を務める。 宗教曲の分野ではバッハ「クリスマスオラトリオ」福音史家を

   はじめとして、テノール・ソロとして高い評価を得ている。


   
   神戸市混声合唱団団員。 ザ・カレッジ・オペラハウス純団員。 堺シティオペラ会員。

   上方オペラ工房メンバー。   府立三国ヶ丘高等学校非常勤講師。  


   大阪男声合唱団、淀川混声合唱団、和泉メサイア合唱団で指導。

 


    
    




  


  ピアニスト ・ アルト    田所 千恵    Chie Tadokoro 

   大阪音楽大学卒業。卒業後は堺市新人音楽家演奏会に出演。 近年では、ショパンや

   メンデルスゾーンのピアノ協奏曲などを弦楽四重奏と共演。 また、室内オーケストラとサン・サーンス

 
   作曲「動物の謝肉祭」を演奏。  その素直で明るいサウンドは聴衆に好評を得た。

 
   さらに文化センター講座やサロンコンサートなどでの連弾や二台ピアノによる演奏など、室内楽や

   アンサンブルを演奏活動の中心に据えて、音楽の楽しさを聴衆に伝え続けている。

   また「合唱」の分野では、当団の他、泉南市女声合唱団、鳳高OBクワイアーなどの

   ピアニストとして数多くの演奏会に出演。 その確かなサポートと明るい表情により、

   団員からの信頼度は非常に高い。
  2012年10月に、娘の田所千佳氏、さまざまなシーンで

   多数共演している関西の実力派ピアニストで当団音楽監督の宮崎剛氏との三人で、「三台の

   ピアノによるコンサート」を泉の森ホールにて行ない、好評を博した。 

   和泉市音楽家連盟「音の和」会員。




  




 

  ピアニスト ・ アルト    田所 千佳    Chika Tadokoro

   大阪音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。 在学中、ピアノグランドコンサート、卒業演奏会等に出演。

   また、ニース夏季国際音楽アカデミーで学び、終了コンサートに出演。 卒業時には優秀賞を受賞。

   「堺国際ピアノコンクール・D級部門」、「万里の長城杯国際音楽コンクール」、「和歌山音楽コンクール」に

   第1位を獲得。

   ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団、エウフォニカ管弦楽団と共演。

   2010年にはソロリサイタルを開催。

   現在、ソロ活動の他、多くの合唱団のピアニストやアンサンブルピアニストとして活躍。


   和泉市音楽家連盟「音の和」会員。   ピアニストグループ「Masquerade」メンバー。

    
   近況はこちら → http://chikatadokoro.blog68.fc2.com/



  







 
  ステージマネージャー    木本 敏夫    Toshio Kimoto

   宮崎剛氏の出身高校で合唱の大先輩であったこと、かつての音楽事務所での経験から

   宮崎氏の音楽活動開始間もなく演奏会マネージャーを務めるようになり、北は旭川から

   西は五島列島まで同行。

   現在では、宮崎氏の公演はもとより、当団をはじめとして、各地の合唱団などからステージ

   マネージャーとしての依頼が殺到している。

   また結婚式の披露宴を皮切りに、堺市合唱連盟や、本職の取引先企業の祝賀会での

   司会から、2010年「宮崎剛といずみメールクワイアー特別演奏会」、
および2011年の「宮崎剛と

   いずみメールクワイアー第3回演奏会」でのオペレッタ「メリーウィドウ」の”語り部”に至るまで、

   臨機応変に「仕切った」、数多くの実績を持つ。


                                                                          TOP